最初は返せると思って借りた借金の返済が難しくなるといった問題は、多くの人に起こる可能性があります。返済に困っているが周囲の人には知られたくないから、誰にも相談できず一人で悩む人もいるでしょう。人に知られず債務整理ができる任意整理とはどういった内容で、任意整理の相談は誰にしたらいいのでしょう。

債務整理とは借金を整理することです。債務整理の方法は任意整理、自己破産、個人再生、特定調停があります。特定調停以外は弁護士などが代理人となって手続きを進めます。

挨拶債務整理のうち裁判所を通さない手続きは任意整理だけです。弁護士などが債権者であるクレジットカード会社や消費者金融と直接交渉します。将来の利息をカットした完済を目指して、返済方法などを債務者の負担が軽くなるよう交渉しいきます。裁判所を通さないので官報に記載されません。そのため周囲に知られることなく債務整理が可能です。任意整理をするためには安定した収入の有無など条件があり、状況によっても異なるので自分が当てはまるか専門家に確認しましょう

債務整理を制限なく行えるのは弁護士だけです。法律の専門家である弁護士は、法にのっとって債務者にとって最も良い解決方法などを示してくれます。弁護士に任意整理相談をする場合、最初は無料相談を申し込むといった方法もあります。

自分が任意整理できるかどうか、利息の金額など任意整理を行うには多くの専門的な知識が必要です。このサイトでは任意整理の特徴や、任意整理を弁護士へ相談することのメリットまで説明します。

任意整理と弁護士