借金が増えて返済が難しくなると、人には言えずに1人で思い悩む人もいるでしょう。債務整理の一種である任意整理には、どのような特徴があるのでしょう。

任意整理は、弁護士などの代理人が裁判所を通さず直接債権者と交渉します。借金の減額や、返済の猶予や分割など債務者が返済可能な方法を交渉して和解を目指します。原則、将来の利息をカットした完済を目指します。場合によっては過払い金が発生して戻ってくる可能性もあります。弁護士が債権者へ受任通知を送ると本人に連絡することが禁止されるため、直接の請求が止まります。最大の特徴は、裁判所を通さずに手続きを行うことです。そのため近所や職場の人に知られずに債務整理ができます

任意整理をするためには条件があります。安定した収入があって3~5年で返済できる見込みがあることや、今後も返済を続ける意思が必要です。その他にも保証人がいたり、自分で債権者と和解した後など、さまざまな状況で任意整理できる場合があります。

財布注意点は任意整理をした事実が信用情報機関に登録されることです。登録期間中は、新たな借金やクレジットカードの作成が難しくなります。また、法的な自己破産や個人再生などと比べると支払いが減らない場合もあります。

債務整理の状況は1人1人異なります。弁護士へ相談するなどして正しい知識の基で自分が任意整理に適しているか確認しましょう。

任意整理とは